未分類

粗大ゴミの取り扱いと其の処分方法

ごく最近我が家で永年にわたって半ば放置していた子供用の自転車やママちゃりのポンコツ自転車を粗大ごみとして三台分を処分しました。 ここで不用品回収を神戸の兵庫で巡るとも少しはもう初めの頃は、子供が小さかったのでそれなりに使っていましたが、子供の成長は速いもので忽ち使わなくなったのです。 さて、何処へどのようにして処分するかについて思案しましたが、浴室リフォーム、リメイクといえば神戸から始めて役所のゴミ処理場に聞いたところ、自転車は大型ゴミになるので一台につき600円かかりますというのです。  一方、ネットを調べている内にリサイクル屋というか、粗大ごみの回収屋さんに聞いたところ、無料、又は一台につき50円で買い取ります、というのです。 あのゴミ屋敷を神戸で片付け、清掃するのはもうこれは扱いの仕方というのは多いに異なりますね。 そんなことで勿論、此方のリサイクル屋さんに持ち込んで無料で引き取ってもらったのですが、この時、役所に事情を話して、其の違いの理由を聞いたところ、自転車は解体して部品を再利用するか、又は、鉄くずとして資源として売りさばくということでした。 大型ゴミ、粗大ごみを回収するにしても、これだけの価値判断に差が有るということを、改めて知ったのです。神戸からお風呂リフォームを検索して分かるのは 一般に粗大ゴミとは、我々の普段の日常生活においてしばらくの間使用していたが、呼称や不具合によって若しくは摩耗して使用不可能になったもので、一般には耐久消費財とも言っているようです。 此等を粗大ゴミとか大型ゴミともいっていますが、普通に一般家庭から出るものは電気製品やガス器具、石油や電気ストーブ其れに、家具類やその他の大型の品目をいうようで、不用品回収業を神戸で起業するにはここで一般には大型廃棄物として市町村などではこれ等の取り扱いなどでは決められていますし広報などでも知らされているようです。