未分類

実は高価だったかもしれない不要品

離婚をしたため、子供2人をつれて実家が持っている社宅に引っ越しした時の事です。
不用品回収なら口コミで今評判の神戸でここでも社宅といっても、実際にすんでいる人は無く、不要品やら、今は使わなくてもいつか使うかもしれないもの(要するに不要品)があちこちに収納されていました。私たち3人の荷物を収納するスペースが無いため、絶対に要らないであろうと思われるものたちを処分する事にしました。
小さいものや、自分達で運べるものはゴミ処理センターまで車で運びましたが、どうにも動かせないものが有りました。セミダブルベッドのスプリングマットと古ーい足踏み式の超重いミシンです。
スプリングマットは折り畳みも出来ず、ただただ大きくて重くてカビがはえてて酷い状態。不要品回収をしている業者さんへ申し込み、引き取りにきてもらいました。住まいは3階でエレベーターもなく、狭い階段を男性2人がかりで何とか搬出完了。同時にミシンもお願いしました。難なく運び出されて、自分的にはスペースも出来、すっきりしていたんです。
その後何かで、レトロな足踏み式ミシンが高額で売買されていると知り「え?」となりました。
この滋賀でおすすめの根管治療専門医なんても今となってはもうどうにもならないのですが、どうやら私は間違った選択をしてしまったようです。
皆様もご注意ください。