未分類

自治体の不用品回収を利用してみた

今年初めに引っ越しをしてからもうすぐ一年。不用品片付けのことは神戸の業者でもこことは引っ越しのときにだいぶ古い家具を捨てたのですが、粗大ゴミの処分が地味に大変でした。学生時代から使っていたソファや本棚、ベッドなどを思い切って捨てたのですが、大物家具の処分はきちんと計画を立ててから行った方がいいな、と実感しました。地域によって違うと思いますが、うちのところは「粗大ゴミはクリーンセンターへ直接持ち込みすれば無料で回収可能」でした。なんだ持っていけばいいのか、と思いましたが、マットレスやソファは大きすぎて車に積めず。なので諦めて市の不用品回収を頼みました。根管治療でおすすめの東京の歯科医院はここに粗大ゴミを回収してくれる、自治体の有料サービスです。市役所の窓口に行き、書類を書いて、後日取りに来てもらいました。回収の日にちが決まっていて、月に2回しか収集されなかったので、思い立ってぱっと捨てられるわけではなかったです。引っ越しの予定が決まったらまず、粗大ゴミの回収日を調べておくことが必要だな、と感じました。ベッドやマットレスの処分はなるべく引っ越しぎりぎりにしたいので、もしも調整が効くのなら回収日に合わせて引っ越し日を決めるのがベストかもしれません。ベッドの木枠、マットレス、ソファ、本棚の4点を不用品回収にお願いしましたが、5,000円でぎりぎりおつりがくるくらいの値段でした。自宅まで収集に来てもらえたので、お金はかかるものの楽でよかったです。