不用品、粗大ごみはまずは買取

不用品、粗大ごみともに、まずは業者が買取りしてもらえるかを確認します。そして、この神戸からどうしても不用品回収を頼むことには自家用車で持参できない物で、自宅まで査定に来てもらえる業者に査定してもらいます。これは業者により買取価格は異なるものの、とにかく買取りしてもらえる業者を探します。そして買取不可場合は、そのままその業者に無料で処分してもらえるか確認します。無料で処分してもらえることになればしてもらいます。
そして無料で処分してもらえなければ、また他の業者に相談し買取り査定してもらい、それが不可ならば、またそこで無料処分相談をします。そこでそれも無理ならば有料にて処分をお願いします。ここまでで、有料でも買取業者に処分してもらえない場合は、回収業者に連絡し有料にて処分してもらいます。また、粗大ごみの場合、家庭ごみと出せる寸法が、私が在住する行政では90cm×90cm以下との決まりがありますので、その寸法まで解体が自分で可能な場合は解体して燃えないゴミの日に家庭ごみとして出します。自転車を不用品とする場合は、必ず自転車店で新規自転車を購入し、使い古しの自転車は無料で回収してもうようにしています。その他、スピーカーを鳴らしながら、民間の廃品回収車に洗濯機を有料回収してもらったこともあります。これは引っ越しの場合でした。電化製品店で新規品を購入時に既存製品の回収を依頼すれば有料にて引き受けてもらえますが、引っ越しの際は、新規電化製品納入場所と既存引き取り場所が異なるため、それはできないと断られたことがあり、その場合の回収は回収業者にと覚えました。