福知山で引越しの粗大ゴミ処分

京都の北部の福知山市から東京で単身引っ越しすることになり、荷物をまとめることになったのですが、処分しなければならないものがあまりに多いことに気がつき、このままでは間に合わないという焦りから、建設業をしている友人に電話をし、トラックを貸して欲しいとお願いしました。そして家具やら布団やら、そして弾かなくなってしまったギターなども、まとめてトラックに積み込み、トラックはそこそこいっぱいになりました。そして友人に車を運転してもらい、不用品の回収、ゴミを受け付けてくれる場所までトラックを30分ほど走らせることにしました。郊外の閑静な場所で、中に入ると、それぞれ物により捨てる場所が決まっていて、指示にしたがってそこまで行き、そこに1つ1つ順番に降ろしていきます。少しずつトラックの荷物が減っていき、最後の家具を降ろしてすべて終了、最後にトラックの重量を測り、その重さから値段を出してもらって支払い終了です。金額にすれば8000円にもなりませんでしたが、それなりにかかったなあという印象です。とはいえ、これで明後日の引っ越しの段取りができたのでほっとしたし、いよいよ東京に行くということでワクワクするようになりました。