初めての粗大ごみ不用品回収

引っ越しをするとき粗大ごみが出て不用品回収に電話して持ってきてもらいました。前回粗大ごみが出たときは、軽トラを借りて自分で荷物をのせて持っていきましたが、今回初めて不用品回収をしてもらう電話をしました。電話はその粗大ごみの大きさや、粗大ごみの数など細かく質問され、粗大ごみ一つ一つに紙に大きく名前をかいて指定の場所に置くように言われました。私が捨てたのはソファーや大きなクッションなどなど全部で約10個くらいの粗大ごみを回収しに来てもらいました。あまりの多さに指定の場所は我が家の粗大ごみで溢れ返っていました。近所の人が通るたびに粗大ごみを見ていたので、とても恥ずかしいい思いをしたのを今でも覚えています。きちんと回収されなかったらどうしようと粗大ごみが回収されるまでソワソワしていました。粗大ごみは無事にすべて回収されたのですが、後日近所ではない友人がたまたま指定の場所を通った時に粗大ごみに貼ってある名前を見たのか「いっぱい粗大ごみでたんだね」と言われてしまいました。確かに自分も粗大ごみが捨ててるところの近くを通るとき見てしまうことがあります。その日以来、粗大ごみが出たときは自分でまた持っていこうと決心しました。